天然まぐろ・天然魚にこだわり続ける三崎の魚問屋
天然まぐろ・地魚卸 三崎魚問屋 株式会社 庄司水産
ホームホーム
ごあいさつごあいさつ
地魚卸・小売地魚卸・小売
直営店直営店
お問い合わせお問い合わせ
会社概要会社概要
  • HOME
  • >
  • 地魚卸・小売/直営店

地魚卸・小売

Wholesale of fish

他にはない「鮮度の高さ」と「お値打ち感」。
それが庄司水産の天然まぐろ・天然魚です。

三崎まぐろ・地魚卸

株式会社庄司水産は、1958年(昭和33年)以来、まぐろの本場・三崎(神奈川県三浦市)において歴史ある仲買問屋として「こだわりの三崎まぐろ」を、また神奈川県下においては、有数の魚種・水揚のある三崎魚市場・小田原魚市場の買参権を持つ買受人として、東京湾・相模湾・伊豆近海から「こだわりの小田原地魚」を、それぞれ高い鮮度と、お値打ち感のある価格でご提供しています。

三崎まぐろ・地魚卸

 
漁場から見たまぐろの特徴・比較漁場から見たまぐろの特徴・比較
漁場から見たまぐろの特徴・比較

三崎まぐろ・地魚卸

三崎まぐろ・地魚卸

三崎まぐろ・地魚卸

①「価値」のある魚をご提供

天然まぐろは一本一本がすべて異なり、まったく同じという物はありません。このため弊社には「まぐろが100本出れば、そのうちの気に入った物を3~5本しか買い付けない」という手当の選別基準があります。このように買い付けた3~5本の天然まぐろは、一般の流通には乗らない商品ということになります。これらの選別品は、昨今において需要度の高い特殊な部位(頭身、ホホ肉、のど肉、目玉など)においても、だんぜん味が違います。これが弊社のまぐろへの「こだわり」であり矜持でもあります。
地魚についても「こだわり」があります。水揚げされて積み上げられた魚のなかで、上積(うわづみ)の魚は、産地のなかでも希少価値があり、中央市場へは出荷されません。このような魚の値打ちは、値段だけで推し量れるものではなく、その魚だけが持ちうる「価値」を持つ貴重な逸品であるといえます。地魚は、直前まで目の前の海で生きていて、自然そのままの水揚げされた魚で、身にストレスが溜っていることもなく、酸化が始まる前の状態のため、身に甘味があります。(初期の)良い状態で〆めたものはその時の身のコリコリした食感を味わうことができ、少し(時間を)置くと落ち着いた味わいになり、その後は熟成時の味覚が味わえるなど、同一の魚とは思えないような3種類の味わいがあります。弊社では、地魚においても、このような「はしり・旬・戻り」といった季節感とも言える「味わい」や「楽しみ」をご提供することにもこだわっています。

②「鮮度」をそのまま食卓へ

上述のような希少価値のある選別品である三崎のまぐろは、小田原にある自社の超低温冷蔵庫に丸ごと搬入し、小田原海鮮市場活魚センターにて裁割し、納品先別に種分けして、お取引先様のご希望の数量で出荷しています。ご要望によっては、最終柵どりまでの加工も行っています。弊社では、超低温冷蔵庫と加工場とが隣接しているため、温度変化に敏感なまぐろの鮮度落ちを避けることができるます。
一方、小田原魚市場に水揚げされる地魚は、セリが始まる何時間か前には、確実に相模湾で回遊していた魚で、弊社では、そのような活きの良い魚を豊富に仕入れています。買い付け後には、各漁港から水揚げされた地魚を小田原海鮮市場活魚センターに速やかに搬入します。そのうち生かして競り落とした魚は、活魚水槽設備で保管して鮮度を保持しています。
また、配送に関しては、小田原近郊への納入には、軽トラックの冷蔵冷凍車での小口配送できる体制を整えているほか、都内・京浜地区への納品には、ヤマト便を利用して迅速に納品しており、配達の時間指定も可能になるなど、お買い求めいただいた一般のお客様が食するまで魚の鮮度を保つための万全の体制を整えています。

③いつでも良質の鮮魚をご提供

小田原海鮮市場活魚センターの活魚水槽設備は、カンパチなら約50本、鯛なら100枚は活かせる大容量で、(魚を)予備に確保しておくこともできるため、万一の時化の場合にも、商品の納品に対応することができます。これにより、最近では、年末年始や市場の休日の時にも「留め」ではない鮮魚が供給できるようになりました。

④常に取引先様を意識した「お値打ち感」

最近の市場取引は、相対での流通が多いなか、小田原魚市場は、定置・刺網・釣物に関しては「セリ」が浜値のスタートで、弊社はこれにもこだわっています。セリは、ある意味で自分の判断で買付のできるやりがいのある市場であるともいえますが、これはすなわち、取引先様に対して、魚を「お値打ち感」のある価格でご提供できるということであり、先様の売上向上と利潤追求に貢献できるものであると、弊社は常に考えています。

⑤中央市場担当者との密接な連携

弊社は卸業者として、市場の担当者との長いつきあいによって良好な関係を築いています。各市場の担当の方々は、弊社の「魚へのこだわり」を良く理解して、いつも思った通りの魚を供給してくれます。このおかげで、これまで弊社は、納品先様に対して欠品することもなく「こだわりの魚」を提供し続けることができたと言えます。


小田原海鮮市場
活魚センター

小田原海鮮市場活魚センター
小田原海鮮市場活魚センター
まぐろ・鮮魚・活魚・寿司種・塩干物・海老・冷凍魚の卸・小売
朝5:00過ぎには各市場より入荷が始まり、8:00~9:00頃には地魚も入荷してきます。
営業時間 
7:00~16:00
定 休 日 
日曜・祝日・中央市場が休日の水曜日
所 在 地 
神奈川県小田原市前川156-6  MAP
連 絡 先 
TEL:0465-48-4489
駐 車 場 
10台分あり
ご贈答用まぐろ 特別価格で大奉仕!
ご贈答用まぐろ
特別価格で大奉仕!

ご贈答用まぐろ 特別価格で大奉仕!
小田原海鮮市場活魚センターでは、天然まぐろの旨み・こくにこだわった「贈答まぐろ」を好評販売中! 大トロは不定貫のグラム販売で、中トロと赤身は280~300gの柵売りで、それぞれご提供します。どの商品も、水揚げされた中の3~5%の「こだわりの選別まぐろ」です!
大切な方への贈答品として、また時期を問わず、年間のいろいろな家族イベントにもご利用いただけます。この逸品を、ぜひご賞味ください。
 
詳細チラシ・お申し込み書はコチラ

小田原海鮮市場活魚センター
所在地